尾道市の指定管理者
更新年度迎えて審査

2019年01月10日号

5施設で事業者選定

 尾道市(平谷祐宏市長)は既存施設の指定管理者の更新審査を行い、その候補者を選定した。

 この制度は地方公共団体や外郭団体に限定していた公の施設の管理・運営を民間企業や財団法人、NPO法人、市民グループなどに包括的に代行してもらう制度で、民間の英知、機動性などによってよりきめ細かなサービスの提供が期待できることから各自治体で導入が続いている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン