アイロンクラッド
思いが届くキッチンツール企画
地元鉄工所と究極のフライパン

2019年02月01日号

手間かかるが愛着湧くツールを

 包丁の研ぎ直しや製造・販売を営む㈱IRONCLAD(=アイロンクラッド、福山市神辺町新湯野64―4、柴田崇行社長、電084・962・5222)はこのほど、地元の鉄工所や家具職人と協力して“究極のキッチンツール”「West Japan Tools(WJT)=ウエストジャパンツールズ」を企画。第1弾としてフライパンやカッティングボード=写真上、マグネットボード=写真下=を開発し、HP(https://www.ironclad.co.jp/)や一部店舗で世界へ向けて売り出した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン