松岡製麺
北海道産の小麦粉など使い
ラーメン6種の直販始める

2019年04月20日号

尾道中華そばや豚骨など

尾道中華そば

老舗製麺所・松岡製麺㈲(福山市桜馬場町5―35、松岡宏高社長、電084・922・2213)はこのたび、北海道産の小麦粉「春よ恋」などを使い製造した生麺と、同社開発のスープをセットにした中華そば・ラーメン6種の直販イベント「春よ恋祭り」を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン