川上歯科医院
「サリバチェッカー」導入
唾液で、がんの疑いを検査

2019年05月10日号

複数のがんが対象

唾液の採取容器

〔医〕和洋会・川上歯科医院(井原市西方町1444―1、川上和洋院長、電0866・63・0606)は、唾液(だえき)によるがんのリスク検査「サリバチェッカー」を導入した。岡山・広島県で同検査を受けられる医療機関は初となる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン