ヒロボー
福利厚生として高機能社宅建設
防犯や健康サポートなどに配慮

2019年05月20日号

新規雇用の呼び水として期待

 ホビー用無線操縦模型や産業用無人航空機、工業用や医療用などのプラスチック製品を製造販売するヒロボー㈱(府中市桜が丘3-3-1、松坂晃太郎社長、電0847・41・6780、116人)はこのほど、健康サポートと防犯に優れた高機能社宅「都A棟」を福利厚生の一環として建設=写真上。長期居住も可能であり、生活の基盤を割安で提供することで、新規雇用の呼び水になればと期待している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン