渋谷長寿健康財団
移植に取り組んだ史実の記録
「腎移植の夜明け」発刊

2019年06月10日号

移植医たちの人間ドラマ

 一般財団法人「渋谷長寿健康財団」(福山市沖野上町3―12―16、大田慎三代表理事、電084・922・9757)はこのたび、「史実の記録―透析か移植か―圧倒的に足りない腎臓をめぐる攻防の史実『腎移植の夜明け』」(小林奈美著、大田浩右監修、B6版197ページ、税別900円)=写真=を発刊した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン