キャステム
3Dプリンターで型を製作
樹脂製型でMIMの製造試験

2019年06月10日号

デジタルモールドを未来に繋ぐ

 精密機械部品の製造販売を営む㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808-1、戸田拓夫社長、電084・955・2221)はこのほど、デジタルモールドに注力する㈲スワニー(長野県)と共同で金属射出成形体の製造方法に関する特許を取得した=写真。3Dプリンターで作った樹脂製の型を金型の代わりにしてロストワックス・MIM製品を作るという、従来の常識を覆す発想によって作業の高効率化が期待できるという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン