えがおのまちづくりステッキ
「医療的ケア児」が生き生き
過ごせる地域づくりを推進

2019年12月01日号

第5回「福山ブランド」に認定

第5回「福山ブランド」認定証・登録証授与式で挨拶する猪原 健代表

「ふくやま大道芸」の運営を通じて重度の障がいや病気のある「医療的ケア児」が生き生き過ごせる地域づくりを推進しようーーと、今年5月に設立されたNPO法人「えがおのまちづくりステッキ」の設立記念イベントがこのほど、福山すこやかセンター(福山市三吉町南)で開かれ、医療的ケア児や家族、大道芸人ら約100人が参加し、楽しい一時を過ごすと共に、活動の継続を誓った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン