福山ファクトリーギルド
繊維産業の伝統受け継ぐ継承者
“ものづくりの町の風情”を紹介

2019年12月01日号

 日本に初めて綿花がもたらされたのが三河(現在の愛知県)であり、その三河木綿を備後に伝え、産業振興の礎を築いたのが、今年福山入封400年を迎えた水野勝成公だ。その綿は江戸末期から明治、大正、昭和と、備後絣となって全国を席巻した。60年代以降は化学繊維におされて衰退したが、現在はデニムに姿を変えて、繊維産業は今も備後に脈々と受け継がれている。その備後の歴史がこのたび共同組織「F・F・G(福山ファクトリーギルド)」を生み出した。結成1周年を迎え、今後その歴史や思いを伝えることで、町ごと商品価値を高めようとしている。 (山田富夫)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン