堀病院
高気圧酸素治療装置を導入
突発性難聴を治療する高機能機

2019年12月10日号

東側1・2階を造設して設置

 耳鼻咽喉科・眼科・頭頸部外科・内科の医療法人徹慈会堀病院(福山市沖野上町3―4―13、宇髙 毅理事長、電084・926・3387)はこのほど、病院南東側の1・2階を造設(鉄骨造、延べ床230㎡)=写真上。1階奥の部屋(30㎡)に突発性難聴を治療する高気圧酸素治療装置を導入した=写真下。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン