小児心臓外科権威・佐野俊二氏
「PCR・抗体検査実施すべき」
郷里・福山市にエール

2020年05月10日号

16年から米UCSFの教授

 枝廣直幹・福山市長は4月24日の記者会見で、新型コロナウィルス感染拡大防止策の強化・医療提供体制の確保に向けて2億円程度の予算を組み、国の補正予算分を加えて、総額500億円規模の市の補正予算を「スピード感をもって編成する」と表明した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン