タテイシ広美社
新型コロナ対策商品第2弾
「扉開閉用足ハンドル」を開発

2020年05月20日号

フィルムパーテーションも発売

 LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける㈱タテイシ広美社(府中市河南町114、立石良典社長、電0847・43・4886)はこのほど、新型コロナウィルス感染症対策の商品第2弾として、「扉開閉用足ハンドル」を開発=写真上。同社特製サインシール付きで販売する。また同第1弾「飛沫感染予防アクリル板」の発展型「スタンド式フィルムパーテーション」も売り出した=写真下。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン