瀬戸田ホールディングス
瀬戸田ホテル(仮称)を開発
豪商屋敷「旧堀内邸」を活用

2020年05月20日号

出資はせとうち観光活性化F

 せとうちDMOを構成する㈱瀬戸内ブランドコーポレーション(広島市中区基町10―3、藤田明久社長、電082・836・3205)はこのほど、豪商屋敷「旧堀内邸」(尾道市生口島瀬戸田)を活用し、国内外の観光客向けの宿泊施設・温浴施設「瀬戸田ホテル(仮称)=写真=」を開発する合同会社瀬戸田ホールディングス(尾道市瀬戸田町瀬戸田)に対する支援を決定した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン