福山出身の開原由紀乃さん
ショパン国際ピアノ・コンクール
来年4月の予備予選に出場決定

2020年08月10日号

福山シンフォニー定期でも演奏

演奏する開原由紀乃さん
(C)東京・春・音楽祭実行委員会/増田雄介

 名門・ベルリン芸術大学で研鑽を積んでいる福山出身のピアニスト開原由紀乃さんは、来年10月に開催される世界最高峰「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」(主催・ポーランド国立ショパン研究所)のDVD審査に合格し、来年4月にポーランドの首都・ワルシャワで開催される予備予選に出場することが決まった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン