エフピコ
三井物産PSと太陽光発電協業
カーボンオフセット実現に向け

2021年02月20日号

22年3月期中の稼働を目指す

 食品容器製造の㈱エフピコ(福山市曙町1―13―15、佐藤守正社長、電084・953・1145)はこのほど、三井物産プラントシステム㈱(東京都、谷垣匡輝社長)と使用済み容器リサイクルによるカーボンオフセット実現に向け太陽光発電の協業を始めた。エフピコの関東八千代工場及び関東エコペット工場(茨城県結城郡八千代町)の屋根上に三井物産プラントシステムが太陽光発電設備を設置し、発電した電力をエフピコが購入・使用する電力購入契約を2021年4月中に締結し、22年3月期中の発電開始を目指す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン