菊池酒造
伝統製法山廃の酒を開発
食の西洋化でニーズ開拓

2017年10月01日号

「燦然山廃純米雄町」

清酒メーカーの菊池酒造㈱(倉敷市玉島阿賀崎1212、菊池東社長、電086・522・5145)は食の西洋化を受け、従来品に比べ酸味とコクが特長の伝統的手法・山廃仕込みを採用した純米酒を開発、販売を開始した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン