宮下酒造
高付加価値の清酒に注力
精米歩合15%の清酒

2017年11月10日号

純米大吟醸「楽聖」発売

宮下酒造㈱(岡山市中区西川原184、宮下附一竜社長、電086・272・5594)は高級酒の販売に力を入れる。精米歩合20%の大吟醸酒「天下至聖(てんかのしせい)」に続き、同15%の純米大吟醸「楽聖(らくせい)」=写真=を開発、販売を開始した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン