カラテック
多言語対応の電子看板
インバウンド対応型を開発  

2018年03月01日号

第一興商との連携も模索

多言語対応のデジタルサイネージ

 薄型テレビ金具など販売のカラテック㈱(岡山市中区桑野715―11、竹田清志社長、電086・274・1122)は中国語や英語など4カ国語対応のデジタルサイネージを開発、販売を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン