岡山駅前商店街
通行量センサー設置

2018年04月01日号

 岡山駅前商店街(岡山市北区駅前町)のアーケードを支える柱の5カ所に歩行者の通行量をカウントするセンサーが設置された=写真。同商店街振興組合が初期費用150万円をかけて実施。赤外線を使って24時間通行人の数を数え、組合のパソコンに配信する。データ化された通行量は営業時間や定休日の設定、イベント開催日時などを決める資料になり、新規出店を考えている起業家に賑わいを数字で示すことができる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン