ピープルソフトウェア
体験型消費で引き合い増に
トヨタ博物館で導入に

2018年07月10日号

 ソフトウェア開発のピープルソフトウェア㈱(倉敷市阿知1―7―2、木暮知彦社長、電086・426・5930)は音声案内ガイドシステム「ミューズナビ」の製造業向けの引き合いが増えた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン