ダイヤ工業
農作業軽減のサポーター
ボンボーンモット開発

2018年11月01日号

全農と共同

ボンボーンモットを装着しぶどう栽培

 医療用品製造販売のダイヤ工業㈱(岡山市南区古新田1125、松尾浩紀社長、電086・282・0377)は全国農業協同組合連合会=全農=と協業しブドウ栽培など長時間腕上げを作業が必要な人向けのサポーターを開発、販売を始めた。大手ゼネコンの㈱竹中工務店(宮下正裕社長)と共同で建設作業員向けの作業改善商材を開発しており、課題解決型の商材開発を進めていく。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン