ピープルソフトウェア
社長 横道 彰さん
IT化の中、受注獲得

2018年11月01日号

新中期経営5カ年計画発表

よこみちあきら(45)

   ソフトウェア開発のピープルソフトウェアの新社長に横道彰副社長が昇格した。創業者で前社長の木暮知彦氏(72)は代表権を持たない会長として経営をバックアップする。IT化が進む中、同社はスマートフォン向けのアプリ開発を積極化。横道新社長は2022年に売上高を年平均3%増の19億円規模とする新中期経営5カ年計画を発表。中長期的なビジョンを新社長に聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン