倉敷市
パリで倉敷市の産品PR
市内の13事業者が参加  

2019年02月10日号

デニムや地産の野菜を

フランス料理の巨匠のドミニク・ブシェ氏=右=が料理について説明した

 倉敷市(伊東香織市長)はフランス・パリ市での地場産業や観光プロモーションを実施した。市内の13社・者がポップアップショップで自社商材をアピールしたほか、世界的なフランス料理人が倉敷市産の食材を調理した食事会なども催し、イベントを通じ倉敷市の産品などをアピールした。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン