WASHUBLUERESORT風籠
テラスやカフェコーナー一新
リブランド化でテコ入れ

2019年05月10日号

1階部分の改装着手

改装したカフェとテラス席

鷲羽山吹上温泉WASHUBLUERESORT風籠(倉敷市下津井吹上303―17、電086・479・9500)経営の㈱BEKKAN(臼井幸隆社長)は施設のリブランドに伴い、第一期のリニューアル工事に着手した。第一弾として喫茶とテラス席をカフェとバー機能を持った店舗として一般客に向け開放。瀬戸大橋が見られる景観を武器に一般客を呼び込み、若者らの集客増加につなげる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン