ダイヤ工業
人工筋肉使った電動スーツ
上体を起こす動作を手助け

2020年01月20日号

「ダーウィンピーエージャケット」

電動アシストスト 「DARWING PA―Jacket」を使っての作業風景

 医療用品製造のダイヤ工業㈱(岡山市南区古新田1125、松尾浩紀社長、電086・282・0377)は、ゴム製の人工筋肉を活用した電動アシストスーツ「DARWING PA―Jacket」を開発、発売した。空気圧で人工筋肉を伸び縮みさせ、上体を起こす動作を手助けする。物流や製造業者に向け利用を見込む。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン