長唄「ひろき会」「喜楽会」
主宰 杵屋浩基さん
1/28尾道で演奏会

2018年01月20日号

尾道に稽古場も開設

きねや もとき
杵屋浩基さん(53)
尾道稽古場 尾道市土堂1-1-13(藤原茶舗内)
電090-8881-6143

 

 

福山市の出身で、京都を拠 点として「長唄」の魅力を全国各地に広めている。
「この度、尾道で藤原唯恭さん(藤原茶舗店主)の協力を得て稽古場を開講したのを記念し1月28日〔日〕、妙宣寺(長江―4―3)の本堂で演奏会を開きます。長唄は古典芸能文化として継承されており、歴史と文化に育まれたこの街で披露できるのは私たちにとって大変な喜びで、ぜひともその魅力に触れて頂きたい」と来場を呼び掛ける。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン