事業承継
若手専門家に訊く
何が問題となるのか

2016年01月10日号

安永幸賢税理士事務所
太陽綜合法律事務所
上野山剛税理士事務所
FP相続サポートオフィス

 一口に事業承継と言ってもその内容は企業によって千差万別、何がネックとなるのかその時になってみないと分からない。検討すべき内容も税務、株価評価、相続、保険など多岐に渡る。税理士、弁護士、ファイナンシャルプランナーという担当分野の異なる若手専門家4人に事業承継で問題になりがちな事例を伺った。    ( 高田 渡 )

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン