事業承継
早めの意識付けが奏功
任せて独り立ちを促す

2016年01月10日号

㈲茶堂
小山製麺

 事業承継は一説によると起業するよりもはるかに面倒だといわれる。代表者からの承継に対する意思表示と、後継者の意識とのすりあわせ、そして事業を受け継ぐ器の醸成(後継者の育成)など、事業承継に必要なパーツがそろうには相応の時間を要する。地域の中小企業、事業者の課題の一つとされる事業承継について、井笠地域からは、すでに事業を引き継いでいるケースと、これから引き継がれる、2件の事例を紹介する。  ( 溝部英樹 )

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン