事業承継
尾道に映画文化を再興
NPO立ち上げ思い繋ぐ

2016年01月10日号

シネマ尾道

閉館した映画館の扉を、再び開けた
河本清順さんの取り組みを振り返る。

 “事業承継”と言えば、企業の後継についてイメージする人も多いと思うが、ここでは“文化”の事業承継を考えていきたいと思う。取材対象にしたのは尾道の「映画文化」である。尾道市出身の大林宣彦監督が、同市を舞台に80年代に手がけた“尾道三部作”(転校生・時をかける少女・さびしんぼう)が評判となり、尾道は「映画のまち」と呼ばれるようになった。しかし2001年には市内唯一の映画館も閉館。一旦は廃れかけた「映画文化」の「事業」を、どのように再興させることができたのか。7年間の軌跡をたどる。  ( 小林万里子 )

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン