政経パトロール 福山オンブズ
「公益性欠く」疑惑のサンパルホール
赤字前提のコンサート事業に疑問の声

2016年06月10日号

公開質問状を福山勤労福祉・文化振興会に提出

 福山市の包括外部監査人(石原広一公認会計士)は3月、市が出資・財政支援している公益財団法人、土地開発公社など7団体の監査結果を羽田皓福山市長に提出した。本誌は3月20日号の政経パトロールで報告書を基に文化・芸術財団の問題点を列記した。福山市民オンブズマン会議(略称=福山オンブズマン、会員70人、丹下一夫代表)はこの問題を取り上げ6月1日、サンパルホール(福山市沼隈町草深1890|4)を運営している公益財団法人「福山勤労福祉・文化振興会」(池田幸博理事長)の窓口となる福山市沼隈支所(小林道生支所長)に「公開質問状及び提案」を提出した。福山オンブズマンの主張を探る。(稲毛一郎)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン