ジャパンブルー
世界ブランドの複合店
倉敷美観地区に出店

2017年12月01日号

倉敷美観地区のインディゴハンズ

ジーンズメーカーの㈱ジャパンブルー(倉敷市児島味野4048―2、眞鍋寿男社長、電086・470・5056)は倉敷美観地区に世界戦略ブランドの複合店「インディゴハンズ」を開設した。複合店では海外戦略ブランド「JAPANBLUEJEANS」と欧米の展示会で注目の「SOULIVE(ソウライブ)」の商材を販売。同社は「インバウンド客も増加する倉敷美観地区で海外向けのアンテナ店としても機能させたい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン