2018年新春特集
まるか食品
瀬戸内レモン味がヒット

2018年01月10日号

11月には工場を増設

製造ライン

 爆発的なヒット商材を生み出すのは消費トレンド含めた徹底したマーケティングが重要だ。イカ天製造のまるか食品(川原一展社長)はイカ天の油分と酸味に着目し「イカ天瀬戸内レモン味」を年間7億円売り上げるヒット商材とした。追随する業者も多い中、“本家本元の味”として市場に受け入れられ、今年11月には工場を増設し生産能力を5割引き上げる。また、お好み焼きなど業務向けにもイカ天瀬戸内レモン味を提案するなど、食材としての新たなマーケットも開拓する。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン