三原市芸術文化C「ポポロ」
10周年に出演者からメッセージ
優れた音響効果など高い評価

2017年12月20日号

「おそらく全国で三指に入る」

「ポポロ」の外観

 クラシックからポピュラー音楽までオリジナルの企画で多くの音楽ファンに支持されている三原市芸術文化センター「ポポロ」(三原市宮浦2-1-1、作田忠司館長=本誌「ヒゲ館長の告白録」執筆者、電0848・81・0886)は今年開館10周年を迎え、それに寄せた同ホール出演アーティストからのメッセージが話題になっている。同ホールの優れた音響効果と共に、建物のデザインの良さやホールの運営、サポートするボランティアスタッフのレベルの高さなどが高く評価されている。(西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン