こだま食品
有機JASほ場の機能性向上に
種の加工にも着手

2017年12月20日号

首都圏の営業強化に

こだま試験農場のほ場

乾燥野菜製造のこだま食品㈱(福山市駅家町法成寺1575―9、児玉昌造社長、電084・972・7777)はグループで農産物生産の農業生産法人こだま試験農場㈱(世羅町大字小国字門出平1086番23、栗原武志社長)の機能性を上げる考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン