空港・鉄道・港湾活かした街
開業127年の尾道駅
初代の趣を残し建て替え(29)

2018年02月01日号

2019年度末の完成目指す

鉄道は線路と列車、駅舎がそろって成るもので、一つが欠けると鉄道でなくなってしまう。このうち駅舎は前の二つに比べてその在り方が厳格に定められているものではなく、それぞれ街の玄関口としての表情をもっている。尾道では1891(明治24)年に開業した初代駅舎から127年を経て3代目の駅舎へ建て替え工事が進んでいる。初代の風情、趣を受け継いだ駅舎となりそうだ。加えてJR西日本管内では初となる宿泊施設を備えるなど新味の機能も備わる。長年にわたって人々が行き交い、親しまれてきたこの駅が次代に向けてどのように変わろうとしているのか。その行方を予測しながら「鉄道を活かした街」について考えてゆきたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン