空港・鉄道・港湾活かした街
尾道駅から糸崎駅へ
工期半年の突貫工事(30)

2018年02月10日号

三原の駅舎が開業

 三原駅とその界隈には幾つかの特色が有り、一つは山陽本線と呉線のホームが併設されていること。2つ目は新幹線の停車駅にもなっていること。3つ目は近くに港湾があること。4つ目は圏内に空港があることで、この連載のタイトルを「空港・鉄道・港湾を活かした街へ」としたゆえんはここにあり、本編ではこの駅が開業するまでの経緯をたどりつつ、沿線人口の減少によって列車の運行が減る一方の呉線の現況や、駅前に広がる空き地の活用策。その背後に位置する港湾までを駅前の範囲として、その在り方などを考えてゆきたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン