美容健康ブームで販路拡大
化粧品切り口に健康商材
健康志向のスイーツを開発

2018年04月10日号

 美容健康ブームが持続化している。主なターゲットは女性で、体験型消費が伸び外出する機会が増える中、福山市内の百貨店では化粧品販売が5年前から年8%前後と増加。スポーツジムも中高年女性を中心に支持されている。時間と経済的に余裕のある団塊世代を中心にブームに火が付いたとされ、美容健康の需要増加を追い風にする会社に話を聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン