スイッチ
コワーキングSを開設
施設通じ会社の認知度

2018年04月20日号

コワーキングスペースのシンクキャンプ

 ホームページ制作などの㈱スイッチ(恒次明宏社長)は運営するコワーキングスペース「シンクキャンプ」の機能性を上げる考えだ。会員と親睦を図り協業推進やスタートアップ志願者向けのイベントを開催するなど、施設利用を通じ会社の知名度を上げる。恒次社長(40)は「ホームページ制作を主力に業務管理システムを販売するなど顧客に向けた総合的な提案を進めたい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン