刑務所の脱走受刑者を追う
機動隊集結して向島を捜索

2018年05月01日号

現地駐在記者のリポート

島の隅々まで捜索する隊員

 松山刑務所施設を脱走した受刑者が瀬戸内しまなみ海道を渡って向島(尾道)に逃げ込んだ。この島に住んでいる記者(私)としては人事でなく、脱走者に対する恐れと怒りを抱きながら暮らす日が続いている。島民の皆さんも同じ思いで、本土側(旧尾道市)とを繋ぐ橋と渡船では検問を受け、渋滞による不便な生活が日常の生活を狂わせている。一日も早く平穏な暮らしが戻ることを願いつつ現地の様子をリポートする。
(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン