2019新春特集④
府中駅南側エリアが
府中再生の鍵になる

2019年01月10日号

JR府中駅北口

府中市では都市計画マスタープラン「コンパクトなまちづくり」を策定し、07 年より11 年間、JR 府中市駅周辺から北部を中心に、内閣総理大臣認定「府中市の中心市街地活性化事業」として賑わい創出のための様々な取り組みを進めてきた。小野申人現市長(62)は18 年4 月の市長選に際し、公約の中で駅周辺の更なる活性化を謳っており、当年度中は前市長の事業を引き継ぎつつ足場を固め、19 年度からはいよいよ小野流改革に乗り出そうとしている。人口減少に歯止めをかけることが急務となっている府中市政。その試金石とも言うべき事業が、駅南側の再開発だ。V字回復への呼び水となるか。小野市長に直撃した。 (山田富夫)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン