2019新春特集 ③
21年、阿知3丁目が再開発
さんすて開業で周遊客増

2019年01月10日号

 

阿知3丁目に建設される宿泊施設とマンション、飲食店や商業施設が入居する7階建てと10階建てのビル

 JR倉敷駅前の倉敷市阿知3丁目の再開発案が発表され、倉敷駅前に動きが出てきた。2021年の阿知3丁目の再開発では宿泊施設とマンション開設が盛り込まれ、駅前の人口も増えると試算。この再開発案の発表もあって隣接する「倉敷一番街商店街」には出店が相次いでいると言う。阿知3丁目の再開発構想は長年の懸案事項で、これでJR倉敷駅前のさらなる活性化が期待できる。また15年7月の駅ナカの商業施設「さんすて倉敷」の開業で駅北の大型商業施設と南側の天満屋倉敷店や商店街での回遊性が高まった。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン