BEKKAN
4月、ホテル名称を変更
若年層の顧客拡大に

2019年04月20日号

倉敷市下津井の鷲羽山吹上温泉WASHUBLUERESORT風籠

鷲羽ハイランドホテル(倉敷市下津井吹上)経営の㈱山佐別館(岡山市北区本町、臼井幸隆社長)は関連会社の㈱ホテル金波(倉敷市)と㈲山佐本陣(岡山市)を統合し、昨年10月1日に㈱BEKKANと組織再編した。経営するホテルは4月1日〔月〕に「鷲羽山吹上温泉WASHUBLUERESORT風籠(ワシュウブルーリゾートカサゴ)」に名称変更。同社は「中高年層を中心に集客していたが、リゾート型ホテルとして新規顧客を獲得したい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン