三原市の新庁舎が竣工
記念式典経て5/7運用開始
新たな設備と機能をリポート

2019年05月10日号

半世紀ぶりの新庁舎

 三原市(天満祥典市長)の新庁舎が竣工し、5月7日から運用が始まった。1965(昭和40年)年に旧庁舎が開庁して54年が経過。長年の風雪にさらされ外壁が傷み、今日の耐震基準に照らすと脆弱な造りと評価され、建て替え工事に着手。2年余の工期を経ての竣工となった。

 半世紀ぶりに新築された庁舎の設備・機能にフォーカスを当てながら、これからの運用の在り方などを考えてゆきたい。西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン