三冠酒造
資料館兼直売所を開設
体験型消費に着目

2019年05月20日号

精米蔵を改装した酒造資料館兼直売所を説明する前畠眞澄さん

   三冠酒造㈲(前畠敏成社長)は酒蔵に酒造資料館兼直売所を開設した。日本酒の消費が低迷する中、酒蔵見学に加え、地元で採れる海産物の加工品なども販売。コト消費が隆盛の中、酒蔵を実際に見るなど体験してもらい受注量の増加をめざす。同社は「資料館や直売所の開設で自社の酒の魅力発信に注力したい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン