岐路に立つ広島空港
地方空港に追い風も
路線の開拓へ好機到来

2019年10月20日号

空港・鉄道・港湾活かした街(63)

 これまで鉄道・港湾編は明治期に線路を敷設したり、江戸の昔に北前船が寄港した時代背景を綴ってきた。当時を語れる「生き証人」と呼ばれる人が居ない中で伝聞を頼りにその史実を追ってきたが、それに比べると空港の歴史は浅く、93年に開港した広島空港はようやく四半世紀を迎えた頃である。

 だがこの歳月は決して短いものではなく、目まぐるしく変遷する航空業界では10年といわず「5年一昔」のスパーンで捉えらえないと今日の動静に付いてゆけなくなる。こうした潮流の中で広島空港は経営改革を推し進めなければならない岐路に立っており、その現状を取材すると様々な課題がみえてきた。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン