マリンネクスト
漁獲した魚を備蓄し
安定価格で 継続的に供給

2020年01月20日号

クラハシが18年に設立

天野文男社長

 水産物総合商社の㈱クラハシ(福山市引野町1-1-1、天野文男社長、電084・941・3510)が掲げている「水産流通にEthical=エシカル=な目線で改革を─」に強い関心が集まっている。「エシカル」とは、「『人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノ』を購入・消費する」こと。その具体例として2018年に設立したのがマリンネクスト㈱(三原市糸崎9-4-1、社長同、電0848・68・1755)で、今回の特集では同社の取り組みを紹介する。      (西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン