北木島活性化PJ協議会
島の強み生かした振興に挑む
農山漁村振興交付金受ける

2020年08月01日号

8日にキックオフ会実施

3世代でカキ養殖を営む勇和水産。中央が藤井代表

 笠岡諸島・北木島の地域振興、活性化を目的とした北木島活性化プロジェクト協議会(事務局=笠岡市北木島町6631―23―2階・㈱SHINWA内、藤井和平代表、電0865・68・3751)は、笠岡諸島の強みを生かした地域振興、活性化策を打ち出し、農林水産省から2020(令和2)年度の農山漁村振興交付金(農泊推進対策)として年間約700万円×2年間の補助金を受けた。8月8日〔土〕には市内でキックオフミーティングを実施し、事業を具体化していく。  (溝部英樹)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン