岡山大学
ポストコロナで目指すべき方向
地域活性担う人材育成への取組

2020年12月01日号

 岡山大学(岡山市北区津島中1-1-1、槇野博史学長)は「ポストコロナにおいて私たちが目指すべき方向性」が、「デジタルトランスフォーメーション(DX)=※注1=の活用による地域循環共生圏(ローカルSDGs)」の実現にあると提唱。とりわけDXを安全に活用できる人材の育成が急務としている。産官学連携による社会人のリカレント教育(生涯教育)に取り組む同大大学院自然科学研究科(電086・251・8127、http://isec.ec.okayama-u.ac.jp/home/index_jp.html)の野上保之教授に、その詳細について取材した。(岩田典子)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン