変遷を遂げる三原港
問われる港湾ビルの在り方
築40年を経て入居者も減少

2020年12月01日号

空港・鉄道・港湾活かした街へ(94)

 この連載を通して記者自身が学んでいるのは、目の前にある事象を「点」として見るのでなく過去から現在、将来へと繋がる「線」として捉えることで、これに「空・陸・海」の面を加えると、立体的な視座で時の流れを俯瞰できると考えて続けている。

 先人が拓いた「海の路」を行き交う船は手漕ぎの舟から帆船、蒸気船へと変わり、今日の三原港にはクルーズ船やフェリーが出入りするようになっている。また、この港には木材などの荷上場があり、港湾ビルに入居する会社もそれに関係する業種が多かった。それが時代の変遷とともに減ってきて、内港の在り方も今日の情勢に沿った「かたち」が求められるようになっている。(西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン