映画大好き
「15時17分、パリ行き」

2018年04月01日号

普通の若者はいかにして英雄になったか

 「15時17分、パリ行き」は、2015年にアムステルダム(オランダ)からパリに向かう列車の中で起きたテロ事件を94分の再現フィルムに仕立て上げた作品だ。ヨーロッパ旅行中たまたまこの列車に乗った3人のアメリカ人によって惨劇は回避され、彼らはフランス、アメリカ両国で叙勲の栄誉を受けることになる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン